メーリングリスト・アーカイブシステム


メーリングリスト・アーカイブシステム「RedDog」

RedDogは、メーリングリストのシステムと、メーリングリストのアーカイブシステムを同時にご提供します。 活発なメーリングリストでは、メールの配信数が膨大となり、個々のメールスプールを圧迫し、コンピュータリソースを浪費します。RedDogは、メーリングリストに投稿されたメールをアーカイブ化し、閲覧することができるシステムです。RedDogを導入いただくと、煩雑なメール管理から解放され、スマートにメーリングリスト・コミュニケーションを行うことができます。

ユーザのコンピュータリソースを解放

活発なメーリングリストに参加していたり、複数のメーリングリストに参加していると、メールが煩雑化してきます。整理しようと自分に興味のないメールを削除したくても、その後そのメールの話題で盛り上がるかも知れないという思いから、削除できずに取っておくという悪循環が起こり、結局メールスプールの肥大化を抑えられません。
RedDogは、メーリングリストに投稿されたメールをアーカイブ化し、閲覧・検索することができます。これにより、ユーザは自分に届いたメールを気軽に整理することができるようになります。また、途中からメーリングリストに参加したユーザが、今まで投稿されたメールを閲覧することができますから、テーマの引き継ぎや話題の経緯をいちいち教える必要がなくなります。

リアルタイム・アーカイブ機能

RedDogは、シンプルかつ強力にメーリングリストをアーカイブ化します。投稿されたメールは、リアルタイムにアーカイブ化され、今までは難しかった全文検索エンジンへの登録もリアルタイムに行われます。RedDogを利用すれば、ユーザは投稿された直後のメール閲覧、検索を行うことができます。
また、RedDogにはアーカイブ化するメール通数の上限はありません。どんなに活発で歴史あるメーリングリストでもすべてアーカイブ化し、一瞬での検索機能をご提供します。

データベース・レスによる高速稼働

RedDogでは、全文検索エンジンのデータベース以外、アーカイブデータや閲覧機能に関するデータベースを有していません。アーカイブ化はすべて静的なコンテンツとして管理され、ユーザからの閲覧時にCGIなどがコールされることはありません。これにより、ハイレベルの高速稼働を達成、システム負荷を劇的に低減し、サーバリソースを効率化します。

時系列順、スレッド順の2系統表示

RedDogでは、投稿されたメールを時系列順、スレッド順(話題ごと)に並べ替えて閲覧することができます。切替はワンプッシュで行えます。

セキュリティ

アクセスは、もちろん許可されたユーザのみに限定されます。RedDogでは、標準的なベーシック認証から、SASL認証、DB認証などニーズに合わせたさまざまな認証方式に対応しています。

検索機能

RedDogでは、キーワードから瞬時にメールを探し出すことができる強力な全文検索エンジンを搭載しています。優れた検索アルゴリズム、わかち書き解析により、的確な検索を実現しました。
またRedDogでは、以下のような高度な検索にも対応しています。

・「or」「and」「not」検索(グループ化も可能)
・フレイズ(複合語)検索
・部分一致(前方一致、中間一致、後方一致)検索
・フィールド指定検索
(Subject:、From:などのフィールドを指定した検索)
・正規表現検索


メール本文表示

メール本文の表示は、メールの内容表示の他、そのメールが含まれるスレッド(話題ごと)をまとめて表示しますので、関連するメールの表示も容易です。
添付ファイルの処理にも対応していますので、RedDogをデータ・ファイルのアーカイブ・システムとしても利用することができます。


メーリングリスト・アーカイブシステム「RedDog」の動作環境

システム動作環境 お客様所有のサーバ
ホスティングサーバ
弊社レンタルサーバ(別途お見積もりいたします)
推奨環境 CPU: Intel Core 2 Duo 1.86GHz 以上
メモリ容量: 1GB以上
ハードディスク: 20GB以上(配信数によって必要容量は変わります)
対応OS CentOS 4系
CentOS 5系
Red Hat Enterprise Linux 4
Red Hat Enterprise Linux 5
Turbolinux 11 Server
Fedora Core 5
Sun Solaris
帯域 100Mbps推奨 (必須:10Mbps)

ご提供価格

月額費 初期費用
ライセンス費 30,000円 50,000円
※最低ご利用期間は、1年間となっております。
※サーバを複数台でご使用する場合には、台数分のライセンスが必要となります。
Top